臭いと戦う!
アラフォー女の”七転び八起き”な体臭戦記
体臭戦記

私が会社を辞めなかった理由 ー私の体臭戦記④

仕事を辞める決意

フィシオエナジェティック体験レポ②でも記した「想定外の悪臭」に見舞われていたこの冬、私は強く「今の責務を全うしたら、辞表を出そう」と決意していました。こんな状況ではもう、とても人と一緒になんて働けない。そう明確に思う程の悪状況でした。春には仕事の全プロジェクトがひと段落する予定となっていたので、辞意を表明する日まで決め、「その日までは」と1日1日を必死で生きていました。

しかし、この状況では辞めて他に転職、とはいきません。人と同じ空間で働く事で、この臭いの問題の様々な弊害が発生するのですから、通常のオフィス勤務では無い仕事を開拓しなければなりません。決意したと言えど、先の見えない不安も重くのし掛かりました。

鼻すすりと空気清浄機

この時期に私を苦しめた事のひとつは、デスク近くを通る人々の鼻すすり。どんな人でも、殆んどの人が突然の臭いに出会った際の様なリアクションをしていきました。実際私も同じ場所を通る度、突然の悪臭に出会う経験を重ねました。この漂う臭いの存在が、本当に苦痛でした。そしてその発生源は、当時の私でした。「せめて辞める迄の期間でも、この周辺に滞留する悪臭だけでも抑えられれば」そう、高性能の空気清浄機があれば、と切に願いました。
実際、職場で私は数年前に「アレルギーがあって!!」と、強引に適当な理由を付けて空気清浄機を購入し、自分のデスク側に置いておりました。結構パワーの要る行動でしたが、しかしそうしないと自分が保たないと思った為、必死に行った行為です。しかし、今回の私の悪臭には、この空気清浄機はもはや太刀打ち出来ていないようでした(泣)加えて、メンテナンス方法もホコリのついたフィルターを洗浄して乾燥したり、他部品も水に浸けて洗う工程があり、色々と職場内でそれら一連を行う動きが目立つのもはばかられ、結果あまりメンテナンス出来ないといった現状もありました。

インフルエンザとジアイーノ

実は昨年、自宅用にパナソニックの「ジアイーノ」を購入。これは、私のパートナーの来客が来た際の対応を考えての購入でした。

「ジアイーノ」はパナソニックが製造販売している、水道水と塩を電気分解し次亜塩素酸を生成させて、臭いを軽減させる空間除菌脱臭機です。パナソニックが唯一、この技術の家庭用販売をしています。実際の使用感としては、これまでの空気清浄機とは全く異なる新しい効能がある製品だと感じております。つまり、良い!
※ジアイーノの詳しい使用感については、ジアイーノ使用体験レポにて記載しています!

私はこのジアイーノを、職場の自分のデスクの近くに置けたらと心底思っておりました。

そんな中、まだまだ寒い冬の時期に職場内でインフルエンザが流行。私のいるエリアでも、一人発病し、二人発病しと、次は誰だ?!状態の期間がありました。

大変不謹慎ではありますが、これはチャンス!と職場のマネージャーに世間話的に「パナソニックのジアイーノを導入しましょう」と話しました。ジアイーノは、次亜塩素酸による脱臭効果の他、インフルエンザや他ウイルス発生を99%以上も抑える効果があるのです。

「私の体臭が物凄く臭いので、効果のある脱臭機を購入して対策したいです」なんて、ケロッと言えれば何の問題も無いのですが、そんな事ほんと言えません(汗)聞く方も返答に困ると思います。なので、上手く別の理由、つまりウイルス抑制効果で職場導入する手段を考えました。

その際は「予算無いんで、ごめんね〜」なんて軽く流されましたが、その後暫くして、職場内に空気清浄機を導入する話が浮上している事を聞きつけました。「ついにそこまで私の臭いが問題視されているのか」と辛く思う反面、これまたチャンスと、状況を購入担当者にヒアリング。どうやら職場環境の監査的部署から、加湿する様にとの提言があったからとの事。これはコトが運びやすいな、と思いましたが、私は「ジアイーノ」を何とか自分のデスク側に置きたい。そして今そばにある空気清浄機と交換したい。しかし購入するものは加湿が出来る空気清浄機3。ジアイーノは水が必要ですが「加湿」は謳っていませんでした。しかしその内の一台を何とか「ジアイーノ」に変えるべく、ジリジリと社内承認を取る為に動きました。我ながら会社員です。

結果的には、理屈が通っていない理由でも、必死な気配で1台だけジアイーノ導入に変更する事に成功。そして次の目的の「自分のデスク側に持ってくる」事を実現する迄も、結構スリリングでした(笑)
というのも、私がジアイーノを所有出来る権利は特に約束されてなかったからです。

私の悩みの状況をよく知る唯一の元上司が、ジアイーノが入荷した直後、早々に在り処を教えてくれました。「奪われない内に早く移動してしまえ」との後押しを受け、人がハケるお昼休みに急遽自分のデスク側に移動。更にSET UPまで終えておきました。当事者的には緊張の連続でした^^;

その後、それを発見した購入担当者からは「別場所に置く予定だったのに」と言われましたが、時すでに遅しという感じに受け止めて頂きました。一見略奪ですが、内情は深刻で必死でしたので、もう、ここは強引でも許して下さい(汗)

そしてついに自分のデスク側に、ジアイーノを設置!

ジアイーノ設置その後

設置場所は、鼻すすりが必ずと言っていい程に起こっていた、私のデスク近くの通路辺りに効果がありそうな場所に置きました。

結果…通りすがりに鼻をすすられる事は、殆ど無くなりました。もちろん、漂う悪臭が無くなりました(泣)

このジアイーノ導入は今年の2月半ば頃でした。サプリメントも辞めて徐々に悪臭が出なくなってきており、私の身体状況は改善されてきてはいましたが

それでも、このジアイーノの効果は強大でした。そしてどれ程の安堵を感じた事か。

時は過ぎ、4月半ば。全てのプロジェクトが落ち着き、一気にストレスも激減。

あれ程苦しんだ悪臭に関しては全く出なくなり、出てもジアイーノが側にいてくれる、という安堵感までありました。

そして指折り数えて待っていた、辞意表明の日がやってきましたが、人の中で働くコンディションとしては相当良い状況が整いました。むしろ他の新しい環境で、この状況まですぐに整備する方が難しい

そう考えた私は「延長戦」に入る事にしました。辞表を出すのは次の苦しみの波が来るまで取っておこう。その間に、組織に属さずとも生きていける独自の道を模索しようと。
(ちなみに、私は仕事が嫌いという訳ではありません。「人と共に同空間で過ごす事」に不具合を感じているだけなのです)

その代りに迎えたGWは、辞意表明後に全部使い切る予定だった有給休暇を一週間程くっつけ、ちょっと長く休む事にしました。

そして休みを利用して、このWebサイトを作成し始めたのでした。

現在の私は、「私の通常の臭いレベル」ですが、日々職場に居る間はジアイーノを使っています。以前の様な悪臭が漂う事態は、デスク周りに限れば今も起こらず過ごせています。

更に、ジアイーノのウイルス抑制効果も功を奏しているのか、周りの人々の風邪の流行が今のところありません。

職場を去る選択をする前に

私はジアイーノ導入により、まだ暫く職場に留まる事を選ぶ事が出来ました。

もし職場内等で臭いに悩み、かつ空気清浄機等も無く苦しい思いをされている方がいたら、仕事を辞める選択をする前に、是非ジアイーノの職場内導入を提案してみるのはどうでしょうか。以下、私の作戦メモです。

①職場内導入理由は、ジアイーノの「ウイルス抑制効果」を全面に押し出す。
インフルエンザや風邪、または麻しんの流行防止等、職場内の衛生環境を整える理由を用いれば、言い辛い臭いの問題に真っ向から触れずに済みます。

②更に「メンテナンス担当」に立候補する等して、自分の仕事場の近くに引き寄せて設置するチャンスを作る(2〜3日に一度位、給水や排水の手間がありますが、慣れれば大した工数はかかりません)。

特にこんな工作が要らなかったら、スミマセン(汗)
こんな風に悩んでない方にも、もちろんジアイーノはオススメです!

少しでも何かのお役に立てれば幸いです。
ここ迄読んで頂き、ありがとうございました!