臭いと戦う!
アラフォー女の”七転び八起き”な体臭戦記
オススメ対策

R医師に聞いた体臭対策の基本アドバイス②

こんにちは。銀子です。
前回記事R医師に聞いた体臭対策の基本アドバイス①では、肌に刺激の少ない無添加、無香料の石けんを紹介しました。臭い対策を頑張ると、デオドラントシートやスプレーを使用したりと肌をいじめがちです。でも、本来、肌には不要な負荷をかけるべきじゃないんですよね〜。
前回に続き今回はスキンケア、そしてR医師アドバイスによる肌に直接触れるインナーウエアのご紹介をします。

①スキンケアも無添加で


無添加石けんでしっかり皮脂を落としたら、スキンケアも無添加といきたいところ。
化粧水を手作りすれば、手軽にお得に、スキンケアが出来ちゃいます!

手作り化粧水に使うものは、まず精製水

そしてグリセリン

作り方はとってもシンプルです。
精製水100ml+グリセリン5~10mlを混ぜて使うだけ。

簡単に作る事ができますが、すぐに悪くなるのが難点。精製水もグリセリンもフタを開けたら冷蔵庫保存し、またこれらを混ぜた手作り化粧水も保存は冷蔵庫がマストです。
本当にすぐ悪くなるので、作り置きするのも1週間程度の量にして、余ったら捨てる気持ちで居た方が良いです。

また容器は煮沸消毒できるガラスボトルがgood。いつも煮沸消毒してから使います。以前100均で適当なガラス容器を買って対応しましたが、化粧水入れとしては使い勝手が悪く、また煮沸消毒出来ないプラパーツもあり、完全に消毒出来ずに困りました…。

でも手作り化粧水用に気の利いたガラスボトルがあります!

ゴールドCAP化粧水ガラス容器100ml(クリア)【ガラス 容器 化粧 手作り化粧水容器 手作り化粧水 容器 ガラス 100ml 化粧水ボトル 化粧水 詰め替えボトル 詰替容器 おしゃれ ボトル】

価格:1,280円
(2020/5/2 20:23時点)

キャップ部分の取り替えパーツも買える所が良しです。ここは煮沸消毒出来ないので。

化粧水ガラス容器用中栓4個セット(610886専用)【ゆうパケット】【ガラス 容器 化粧 化粧水 ボトル 化粧水ボトル 手作り化粧水】

価格:143円
(2020/5/2 20:24時点)


手作りが面倒だな〜と言う方は、MUJIの化粧水と言う手も。

実はMUJIの化粧水は「安かろう悪かろう」という過去の先入観で使った事無かったのですが…
市販の化粧水で湿疹が出来てしまう友人が、MUJIのものは大丈夫だったと最近聞き、調べてみたところ。
岩手県釜石の洞窟から汲んだ天然水を使用」した「無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー」の低刺激な商品でしたのでご紹介しておきます。

MUJIの乳液も同じく低刺激な構成のものです。

最近MUJIはアマゾンでも取り扱いが始まり、入手し易くなりましたね。

②サンケアもお肌に優しく!


スキンケアの後、肌に付ける次のものって何ですか?
私は日焼け止め。化粧下地としても使ってます。これから日差しも強まり手放せない存在ですが、私のオススメは「パックスナチュロン UVクリーム」。

パックスナチュロン UVクリーム 45g 〔SPF30/ PA 〕【メール便可】

価格:1,320円
(2020/5/2 21:13時点)

今までパックスナチュロンのSPF15 PA++のものを使ってたんですが、SPF30 PA++にパワーアップしたものが発売されました。
この製品は100%自然由来成分で作られた日焼け止めクリームで、合成の紫外線吸収剤、合成界面活性剤を含んでおらず、シンプルに石けんで乳化して作られています。そして石けんで落とせる!これもありがたしです。

そして次に肌の上に乗せるものと言えば、女性ならお化粧品ですかね。
最近コロナ自粛で出番が少ないですが。ずっと化粧しないって楽でいいなー!まあでもそうもいきませんね(汗)

肌に刺激の少ない化粧品はR医師によると、「CLINIQUE」との事。

クリニークは1968年アメリカにて、皮膚科専門医指導のもとで生まれた化粧品ブランド。無香料にこだわり、厳しいアレルギーテストも行っています。

しかし、こちらはまだ使用経験が無いので今回リポートはゼロです〜(汗)
情報までにて書いておきます。

③肌に直接触れるインナーは天然素材を使う


思えばR医師に言われるまで、肌ケアの事など考えずに臭い対策ばかり優先して、肌に負担ばかりかけていた私。でも、臭い対策をするなら肌に刺激をなるべく与えない事。そして与える刺激を減らす為にも、肌に直接触れるインナーは綿などのナチュラルな素材が良い、と教わりました。
これを言われる迄、私は何も考えずにずーっと化学繊維のものをインナーに使用していました。よく考えればそうじゃないか。何故早く気付かなかったんだろう??
早速、肌に優しいインナーを探し始めました。

で、ここ日本でお手頃に天然素材のインナーが買えるのはMUJIだという結論に至りました!MUJIは大手量販メーカーで唯一オーガニックコットン素材が気軽に買える場所だと思います。
女性ものだと、ブラ付きインナーウェアとかもオーガニックコットンですし、

もちろんおパンツもしっかりオーガニックコットン。

男性ものインナーもオーガニックコットンでちゃんとありましたよ。

実際にMUJIのオーガニックコットンのインナー日々使っていますが、その素材の優しさ、着心地の良さを知ると、もう化繊のものには戻れませんよ。是非試してみて下さい!

まとめ

R医師のアドバイスに基づき、無添加の石けんから化粧水、肌に刺激の少ない化粧品にインナーウェアまで2回に分けてご紹介させて頂きました。

これからどんどん暑くなり、臭いへのストレスも増してゆくかと思います。
だからこそ、肌には必要以上の負荷をかけないシンプルなケアをしてあげたいもの。臭いのケアのその前に、一番大切なのは自分自身です。肌はもちろん、自分を労わる事を忘れずに!!それが回り回って臭いのケアにも繋がるのだと思います。

今年の夏も、悩みに負けずに乗り切りましょう!
ここ迄読んで頂きありがとうございました♪