臭いと戦う!
アラフォー女の”七転び八起き”な体臭戦記
オススメ対策

人の臭いやアレルゲンにも効果あり!空気清浄化効果のあるエコな観葉植物10選

近年インテリアに取り入れる需要が高まっている観葉植物。今、海外では多くの植物をミレニアル世代が所有する事を“plant parents” プラント ペアレンツなんて呼ぶそうですよ。
そんな人気の植物達の中には、空気を清浄化する高い能力を持っているものが存在しています。
今回はあのNASAにより1989年に発表された研究結果に基づいた”空気清浄化能力の高い観葉植物”であるエコプラント達をご紹介します。

参考文献:
1)エコ・プラント 室内の空気をきれいにする植物  B.C ウォルバートン著
2)Wolverton, B.C.,et al.  A study of interior landscape plants for indoor air pollution abatement: an interim report. NASA.Sep,1989.

エコプラントの発見

家やオフィスで使われている建材やフローリング材、家具の一部など、特に新築や改築後の建物の素材から検出される有害な化学物質たち。これらにより健康を害してしまう疾病は「シックビル症候群」「シックハウス症候群」等と呼ばれます。
NASAは有害な化学物質により宇宙実験船内の空気の汚れが危険レベルに達しつつあると察知そしてエコプラントの有害物質除去力を発見しました。この発見は更なる研究が重ねられ、50種にも及ぶエコプラントの能力がランク付けされ発表されたのでした。

エコプラントの空気清浄化効果は、ウイルスやアレルゲンにも発揮される

部屋の空気質を下げるのは有害化学物質だけではありません。ウイルスやカビの胞子、ホコリその他のアレルゲンや冬の室内乾燥もその要因となります。
植物はこれらカビの胞子やバクテリアを抑制する化学物質のフィトケミカルを放出する働きがあり、沢山の植物を置いた部屋は、置かない部屋に比べて胞子やバクテリア数が50~60%も少ない事が分かっています。また植物には水分蒸散作用があり、室内に適度な加湿をもたらしてくれます。

NASAのエコプラント調査方法

NASAはサイエンティストと共に実験用の植物達を集め、彼らをアクリル樹脂で出来た空間内に置き、ポンプで以下の有害物質をこの部屋に送り込みました。

有害物質名 発生源
アンモニア フォトコピー機/ブループリントマシン/掃除用洗剤/生体排気 etc.
ホルムアルデヒド 接着剤/コーキン材/カーテン、織物類/フローリング材/ペンキ etc.
トリクロロエチレン コピー機/フォトコピー機 etc.
キシレン・トルエン 接着剤/天井タイル/コンピュータ類/壁張り材/生体排気 etc.
ベンゼン 接着剤/フローリング材/タバコ/壁張り材 etc.

24時間後、部屋の空気汚染度を確認したところ、幾つかの植物は90%以上の有害な化学物質を除去する事が出来た事が確認されたのです。
この有害物質の発生源の中には「生体排気」がありますが、これは人間の呼吸によって放出されるとされるもので、エコプラントにはこれらにも優れた能力を発揮してくれるのです。
発生源は呼吸に限らず、体臭としても放出される化学物質も含まれますが、エコプラントは臭いに悩む者への強い味方になってくれるのです。ありがたい!
生体排気の化学物質詳細は、以下「スパティフィラム」の箇所で記載しています)

では、空気清浄化力が高い植物達を順にご紹介していきますね!

①アレカヤシ(Chrysalidocarpus lutescens)


マダガスカルを原産とするヤシ科の常緑高木のアレカヤシ。放射状に広がる葉っぱはボリュームがありながら、爽やかな南国の様な雰囲気を室内に演出してくれます。アレカヤシは実験に用いた有害物質全てを除去した非常に優秀なエコプラントです。光は半日向(レースカーテン越し等の優しい光)を好みます。

総合評価(0-10) 8.5 メモ
気化化学物質の除去 8 実験に用いた全ての有害物質を除去(特にトルエン/キシレン除去率 No.1)
栽培・管理の容易さ 8 根元を湿った状態に保つ。冬以外に完全肥料を与える。定期的に霧吹きする
害虫に対する抵抗力 8 乾燥しすぎた環境に注意(ハダニ等がつく。葉先が黄変する)
空間への水分蒸散率 10 ◎(高さ1.8mのアレカヤシ→24時間に約1ℓの水分蒸散)

②カンノンチク(Rhapis excelsa)


中国南部が原産のヤシ科の植物。漢字では観音竹。英名が”Lady palm”と素敵な呼び名です。幅15~30cmにもなる掌状の葉が特徴です。最も栽培が容易なエコプラントの1つで、殆どの害虫に対し強い抵抗力を示します。カンノンチクは屋内空気改善に適しており、特にアンモニア除去に強いパワーを発します。

総合評価(0-10) 8.5 メモ
気化化学物質の除去 7 アンモニア除去率No.1
栽培・管理の容易さ 9 冬:表土が乾いたら潅水。春〜秋:十分に潅水。肥料は春〜秋、月イチで液肥。
害虫に対する抵抗力 10 乾燥しすぎに注意(通常はないが稀にハダニ等がつく。葉先が褐色になる)
空間への水分蒸散率 8

③インドゴムノキ(Ficus elastica co.robusta)


インド、マレーシアが原産のイチジク属クワ科のインドゴムの木。改良され丈夫になっている為、光が足りない、温度が低い場所でも比較的大丈夫です。室内の有害物質除去能力は、イチジク属の中ではインドゴムノキが最も優れています

総合評価(0-10) 8.0 メモ
気化化学物質の除去 9 実験に用いた全ての有害物質で高得点(特にホルムアルデヒド除去に優れる)
栽培・管理の容易さ 9 施肥:夏の数ヶ月のみ定期的に。潅水:春〜秋は定期的に。冬は控えめに。
害虫に対する抵抗力 8 乾燥した環境ではハダニ、カイガラムシ等付き易い。炭疽病も出易い。
空間への水分蒸散率 7

④イングリッシュアイビー(Hedara helix)


原産は北アフリカ、ヨーロッパ、アジアの観葉植物としても定番のイングリッシュアイビー。育てやすく、家庭の様々な環境によく馴染みます。高温に弱く、また光を必要とします(半日向〜半日陰)。有害物質除去も高得点。特にホルムアルデヒドの除去能力に優れています。

総合評価(0-10) 7.8 メモ
気化化学物質の除去 9 特にホルムアルデヒドの除去能力が高い。
栽培・管理の容易さ 8 潅水:春夏は室温の水をたっぷりと。秋冬はやや乾燥してから。水の霧吹き重要
害虫に対する抵抗力 8 高温で乾燥する環境ではハダニ、カイガラムシがつきやすい。
空間への水分蒸散率 7

⑤ボストンタマシダ(Nephrolepis exaltana “Bostoniensis”)


アメリカ南部、メキシコ等が原産のシノブ科のボストンタマシダ。硬い葉は、株が古くなるにつれ弓なりにしだれる様になります。ハンギングバスケット等で吊り下げたり脚付きの台に乗せればインテリアの良い彩りとなるでしょう。ボストンタマシダは空気中の有害物質除去に優れた能力を持ち、特にホルムアルデヒド除去能力と屋内に水分を放出する働きでは、最高の成績を上げました。極上の天然加湿器でもあるのです!
潅水、霧吹きを怠るとすぐ葉が褐色に枯れ始めるので、注意が必要な植物でもあります。

総合評価(0-10) 7.5 メモ
気化化学物質の除去 9 特にホルムアルデヒド除去で最高得点。
栽培・管理の容易さ 4 新芽を出している間は週一回液肥を与える。潅水は生ぬるい水で。土はしっとりした状態を保つ(×ジメジメ)。頻繁な霧吹きが必要。乾燥に注意。
害虫に対する抵抗力 8 ごく稀にカイガラムシ、ハダニ、アブラムシが付く。
空間への水分蒸散率 9 天然の加湿器としては最高の成績。

⑥スパティフィラム(Spathiphyllum sp.)


コロンビア、ベネズエラ原産のサトイモ科のスパティフィラム。水芭蕉に似た美しい白い花(仏炎苞)をつける植物です。耐陰性があるので室内でも育てやすく、湿度の高い環境を好みます。
この植物の特筆すべき点は、生体排気の除去に優れた能力を発揮している事。大勢の生徒がいる教室で検出される最も身近な生体排気は以下。そしてスパティフィラムの能力も図式化すると…

主な化学物質名 ●植物による生体排気除去  ◇生徒が放出した生体排気
エチルアルコール ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●◇
アセトン ●●●●●●●●●●●●●●●●●●◇
メチルアルコール ●●●●●●●◇◇
エチルアセテート ●●●◇

と、生体排気除去に優れた能力を発揮している事が分かります!
しかし、こんな化学物質を人間が出しているとは。調べた所、これらには臭いがありました。

・エチルアルコール→エタノールなのでアルコール臭
・アセトン→林檎の腐った様な甘酸っぱい臭い。体臭(ケトン臭)としても発生。
・メチルアルコール→エチルアルコールに似た臭い
・エチルアセテート→酢酸エチル。除光液や接着剤の様な臭い

これらを除去してくれるなんて、頼もしい!

スパティフィラムは上記の化学物質だけで無く、トリクロロエチレン、ベンゼン、ホルムアルデヒドの除去にも良い成績を上げています。

総合評価(0-10) 7.5 メモ
気化化学物質の除去 8 生体排気の除去に優れた効果
栽培・管理の容易さ 7 冬:やや乾燥気味に。春〜秋:しっとりした土状態に。施肥は春〜秋に定期的に。葉水、水の霧吹きが重要(害虫予防にもなる)
害虫に対する抵抗力 7 空気の乾燥しすぎに注意(カイガラムシ、ハダニ等に弱い)
空間への水分蒸散率 8

⑦幸福の木(Dracaena fragrans “Massangeana”)


エチオピア、ギニア等が原産のリュウゼツラン科の植物。日本では「幸福の木」として有名な観葉植物です。日向を好みますが、薄暗い場所でもよく耐えてくれます。
この植物は、ホルムアルデヒド等の有毒物質の除去に優れた働きをします。

総合評価(0-10) 7.5 メモ
気化化学物質の除去 8 ホルムアルデヒド等の除去に優れた効果
栽培・管理の容易さ 7 土はしっとり状態を保つ。施肥は春〜秋に定期的に。冬は潅水回数を減らし乾いたらあげる程度にし、水の霧吹きを頻繁に行う。
害虫に対する抵抗力 8 滅多にないが乾燥しすぎるとコナカイガラムシ、ハダニがつきやすい。
空間への水分蒸散率 7

⑧ポトス(Epipremnum aureum)


熱帯地方のソロモン諸島原産のサトイモ科のツル性植物のポトス。観葉植物としてもメジャーな存在ですね。ポトスはエコプラントの中でも最も元気に育ちやすいとされています。生長も早く、家庭やオフィスの様々な環境によく耐える扱いやすい存在です。

総合評価(0-10) 7.5 メモ
気化化学物質の除去 5 平均的。
栽培・管理の容易さ 10 土が乾いてから潅水。施肥は5〜9月に週一で。湿らせた布で葉を拭く。
害虫に対する抵抗力 8 ごく稀にアブラムシが付く。よく発生するのはコナカイガラムシ。
空間への水分蒸散率 7

⑨ガーベラ(Gerbera daisy)


南アフリカが原産の、キク科のガーベラ。鮮やかな色合いの花として知られていますが、NASAの初期の研究でも調査対象の一つとされ、空気中の有害物質を立派に取り除く事が証明されています。そればかりか活発な水分蒸散作用も持ち合わせています。華やかさと能力を併せ持った優れた植物です!

総合評価(0-10) 7.3 メモ
気化化学物質の除去 9 特にホルムアルデヒド除去に優れる。
栽培・管理の容易さ 4 土はしっとりした状態を保つ(×ジメジメ)。生長期は定期的に完全肥料を与える。
害虫に対する抵抗力 8 暖かく乾燥しすぎた環境ではハダニ、アブラムシが付きやすい。水のやり過ぎで根腐れを起こす。
空間への水分蒸散率 8

⑩サンセベリア(Snake plant)


すっと伸びた葉が綺麗なこの植物。ゼブラの様な柄を持ち、サンセベリアは別名虎の尾とも呼ばれます。アフリカ生まれの植物の為か乾燥に強く、冬の間、気温が10℃以下の間はほぼ水やりは必要ない程。栽培が容易で、手をかけなくても育ってくれるたくましい植物です。実際、我が家のサンセビリアも2週間近くの年末メキシコ旅行で家を空けた後も、変わらず元気でいてくれました。
この植物の特筆すべき点は、夜、酸素を作って放出し二酸化炭素を吸収する点です。これは殆ど全ての植物には見られない特性です。地球環境にも大いに貢献し、かつお部屋をおシャレに彩ってくれるオススメの観葉植物です!

総合評価(0-10) 6.3 メモ
気化化学物質の除去 3 他と比べると低いですが、ちゃんとエコプラントです。
栽培・管理の容易さ 10 潅水は控えめに、土がすっかり乾いてから次の潅水を行う。1ヶ月に一度、液肥を薄めて与える。
害虫に対する抵抗力 10 害虫は殆ど無し。水のやり過ぎによる根腐れに注意。
空間への水分蒸散率 2


昨年末に私と相方は引っ越しをしたのですが、ケミカルアレルギーの相方は新居に移ってからというもの、何処かからやって来るタバコの臭いを検知する様で(新居は木造なので気密性が低い様です。私には分からないレベル)、せっせとこのハイスペック植物を買ってきては愛でています。

室内化学物質に相当敏感な相方は、空気汚染レベルを計測出来るDienmernの空気汚染測定器という計測器まで買って持っています。
(旅に出ると必ず持参してその土地や滞在ホテルの空気汚染レベルを調べるという…もう多分趣味の領域ですね…)
PM2.5、PM1.0、HCHO、TVOC、温度、湿度やホルムアルデヒドなどといった室内の空気汚れや、人体に悪影響を及ぼす化学物質の有無を検知してくれます。


これを使って、空気の汚染状態やエコプラントを置くbefore/afterの空気質を確認してみるのも良さそうです。

空気清浄に、インテリアの彩りに、そして心と身体にも素晴らしい効果を与えてくれるエコプラント達。ぜひお部屋やオフィスに、取り入れてみて下さいね!